toggle
0

アウトレットに関する基準について

アンツルでは、検品した結果「問題のある箇所がある製品」を不良品として弾いています。

しかし、これらは実用するにあたっては問題のないポイントとなっており、そう言った製品を「アウトレット」として販売しています。

こちらのページでは、そんな不良品に関する基準を記載しております。

 

汚れ

フェルト材に汚れがついているケースです。主に黒色のシミがついているケースが多いですね。

なお、フェルト材に対して「フェルト材に近い色の硬いダマ」ができているケースもありますが、そちらはフェルト材そのもののムラとなりますので、汚れではございません。

 

シワ

フェルト材にシワがついているケースです。著しく目立つシワの場合は不良品として弾いています。

 

裁断ミス

加工の際の裁断ミスによって発生する不良品です。見栄えは悪いですが使用には差し支えございません。

 

印刷ミス

シルクスクリーンを施した際に発生した印刷ミスです。インクの抜けや汚れ、位置ズレなどが印刷ミスにあたります。