toggle
2017-09-10

「ファンタジアクラフトミーティング」に参加してきました

会場

2017年9月9日(土)に川崎市産業振興会館にて行われた、創作ファンタジー好き向けの技術交流会「ファンタジアクラフトミーティング」に参加してきました。

今回のイベントでは、チェインメイルの技術や石膏粉末のフィギュア作り、布への刺繍など、非常に勉強になることが沢山ありました。そこで、どんなイベントだったのかを写真付きで一部ご紹介させて頂ければと思います。

(全てのサークルさんにて写真を撮れればと思いましたが、撮れませんでした。申し訳ありません)

目次

  1. ファンタジアクラフトミーティングとは?
  2. 3Dプリンタフィギュアに定評のある「石膏粉末工房」さん
  3. ワイヤーワークでペンダントを作る「胡蝶装身具」さん
  4. デジタル刺繍に関するお話を聞かせて下さった「リフルシャッフル」さん
  5. 無料のお菓子を提供されていた「ペンギーノキッチン」さん
  6. チェインメイルの技術を学ばせて頂いた「Richard」さん
  7. 各種革製品やLARPに関する製品を取り扱っていた「コノス」さん

 

ファンタジアクラフトミーティングとは?

ファンタジアクラフトミーティングとは、創作ファンタジー好き向けのイベントです公式サイト様の解説がわかりやすかったので、引用させて頂きます。

参加者同士で創作ファンタジーに関する雑貨や衣装などの技術を見せあいっこ・教えあいっこをして、自分の装備を強化?していくことができる、実にまったりと楽しむ会です。

基本的にフリーな空間になるので、教えたいこと&教えてもらいたいことをそれぞれ探しあって、仲良く技術的な交流を深めてください。

 

3Dプリンタフィギュアに定評のある「石膏粉末工房」さん

石膏粉末さん1

石膏粉末工房さんは、ゲームマーケットなどのイベントにも参加されているサークルさんです。

今回のファンタジアクラフトミーティングでは、立体的なフィギュアを作る講座をされていました。3Dプリンタは完成品の色合いが材料に左右されるとのことでしたので、無塗装でもゲーム用コマとして使い分けるのに便利そうだな……などと考えていました。

 

ワイヤーワークでペンダントを作る「胡蝶装身具」さん

胡蝶装身具さん

胡蝶装身具さんでは、ワイヤーワークと天然石を使ったペンダント作りの講座がおこなわれていました。

実際に完成品を触らせて頂いたのですが、いかにワイヤーの形を整えるかなど、立体物を作る大変さを感じたりしましたね……。(平面的なものとは異なり、立体的な見えかたとなりますし)

 

デジタル刺繍に関するお話を聞かせて下さった「リフルシャッフル」さん

リフルシャッフルさん

リフルシャッフルさんイラスト刺繍

リフルシャッフルさんでは、デジタル刺繍に関するお話を聞かせて頂きました。

布などにイラストを刺繍する技術などを展開されており、実際に個人でもサービスを受けることができます(イラスト刺繍に関するページはこちら)

実際にイラストの刺繍を触らせて頂いたのですが、アクリルキーホルダーや通常の印刷とは異なる質感がありました。一味違うグッズ作りにお役立ちしそうですね。

 

無料のお菓子を提供されていた「ペンギーノキッチン」さん

Richardさん3

何と無料でお菓子を提供されていた「ペンギーノキッチン」さんは衝撃的でしたね……。クッキーやお茶などを無料で頂いてしまいました。おいしい。

 

チェインメイルの技術を学ばせて頂いた「Richard」さん

Richardさん1

Richardさんのスペースでは、金属の輪を使ったチェインメイルの技術を教えて頂きました。

私の場合は、真鍮を使った輪っかを作って、それをベースに「金属で編む」と言う流れでしたね。ちなみに、私が使った素材は100均で購入されたものだそうですので、実質100均の素材でチェインメイルが作れる?ようです。

 

Richardさん2

ちなみに、上記(画像左下の真鍮のチェイン)が私が作ったものです!(ただし、ほとんどの部分はRichardさんが作ったものです)

 

各種革製品やLARPに関する製品を取り扱っていた「コノス」さん

コノスさんダイスなど

コノスさんアクセサリー

コノスさん書籍

コノスさん武器

コノスさん装備

コノスさん衣類

革製品やLARP関連の製品を販売されていたコノスさん。革製ダイスから柔らかい素材で作られた武器など、多種多様なアイテムが取り揃えられていました。

ちなみに、革製ダイスを購入しました。レア(とお聞きした)赤色です。

 

ファンタジアクラフトミーティングは濃厚な体験ができる「場」でした!

ファンタジアクラフトミーティングは、全体的に「濃厚な体験ができる場」だと感じました。

通常のイベントの場合、頒布(ないし販売)がメインになるかと思います。しかし、作り手のお話をじっくりと聞けたり、実際に技術体験できたりと、通常のイベントとは異なる密度のあるイベントだなと体験した訳です。「体験できる」と言う意味では、ボードゲーム関連のイベントにも近い部分があるのではないでしょうか。(試遊卓など)

なお、9月24日に今回と同じ川崎市産業振興会館にて「星降る森の魔法市」が行われます。西洋ファンタジーの世界観を体感できるイベントだそうですので、ファンタジー系のイベントが気になるかたはチェックされてみてはいかがでしょうか?

(なお、チケット方式ですので、参加を検討されているかたは一般参加Q&Aを確認してみてください)

 


更新情報はTwitterより配信中!
関連記事