toggle
2016-07-14

ダイスのデザインがユニークな「スペックダイス」の魅力

ダイス(サイコロ)と言えば、白のプラスチックに赤と黒の目が入ったものを連想する人が多いのではないでしょうか?

しかし、世の中には想像以上に多種多様なダイスが存在しています。
その多種多様なダイスを開発しているのが、アメリカにあるchessex社です。

今回は、そんなchessex社のダイスの中でお気に入りの「スペックダイス」を紹介します。

 

ユニークな迷彩模様を持つスペックダイス

スペックダイス

スペックダイスは、細かな迷彩模様を持つダイスです。

カラーが豊富に存在しており、普通のダイスとは異なるユニークなカラーパターンも存在します。

そんなスペックダイスの魅力は下記の3点です。

  1. 無地のダイスとは一味違う模様
  2. 極端に派手な模様ではないので、比較的出目が見やすい
  3. 金や銀の出目が映える

 

 

無地のダイスとは一味違う模様

左が無地のダイス(オパックダイス)、右がスペックダイスです。

オパックダイスは出目が見やすいと言うメリットがありますが、スペックダイスにはオパックダイスにはない「ユニークな模様」があります。

個人的には、この一味違う質感がダイスを振る時の楽しみにつながっています。

 

極端に派手な模様ではないので、比較的出目が見やすい

スペックダイスには模様がありますが、極端に派手なデザインではありません。
その結果、模様のあるダイスにしては出目が見やすいのが特徴です。

 

金や銀の出目が映える

そして、これが一番の好きなところですが「金や銀の出目が映えるデザイン」なのがスペックダイスの美しさだと感じています。

chessex社のダイスで難点なのが「出目の色が欠けている」ことがある点です。
しかし、出目が金や銀の場合は「むしろそれが美しく感じること」があります。

スペックダイスの欠け

例えば、上記の画像では出目が剥げている部分がありますが、スペックダイスの表面が「岩肌のような迷彩柄」なので、むしろ味わい深く感じられます。

この味わい深さは、器などに用いられる金継ぎの質感が近いでしょうか。

chessex社のダイスは前から持っていましたが、輸入していくつかダイスを眺めて初めて気付いた発見でしたね。

 

スペックダイスを購入するなら

スペックダイスは「アンツルのオンラインストア」にて購入できます。
下記のおすすめ商品からチェックできますので、覗いて貰えましたら幸いです。

 


関連記事