toggle
2015-10-09

フェルト製カウンターの試作

フェルト製のカウンター試作品

余ったフェルト材でカウンター(トークン)を試作していました。
結果的には、一部の問題点があり失敗したのですが、
個人的な加工メモも兼ねて、ブログに投稿致します。

 

フェルト材カウンター(トークン)を作るきっかけ

製作のきっかけは「ダイスゲーム百科」と言う本でした。
こちらの書籍には、様々なダイスゲームのルールが記載されているのですが
ルールの中で「カウンター」を使用するゲームがちらほらあり、
そう言ったゲームで使えるものを作れないか? と考えたのがきっかけでした。

 

実際の加工について

レーザー加工機を使用して、20mmサイズのカウンターを作成しました。
今回使用したフェルト材は、「ポリエステル100%」のため
レーザー加工でも、焦げずにきれいに加工することができました。

ただ、そのままレーザー加工をすると
裏面に焦げ目がつくため、紙をスプレーのりで貼り付けておくことをおすすめします。

加工後の問題点について

想定通り、きれいに加工出来た点は良かったのですが、
材質的に「フェルト材通しが毛でくっつきあう」点が難点でした。
カウンターをひとまとめにした結果、毛でくっつきあってしまうと
プレイに支障が出るためです。

そこで、ピアノなどに使われる「ハンマーフェルト硬化剤」を使用して
フェルト材自体を固める方法で対処してみました。

結果、フェルト材自体は固まったのですが
毛羽立ち自体を抑えることが出来ませんでした。

そのため、今回の製品はボツ。

 

試作を終えて

カウンター自体は今後も作りたいと考えています。
もし「こう言うカウンターが欲しい!」と言う意見がありましたら、
Twitterコンタクトにてご連絡頂けますと幸いです。

 


関連記事